週末アルペン号

日帰り登山をはじめ、テント泊縦走、スノーボード他に関する情報をお届けしています。

SUUNTO TRAVERSE ALPHA 登山道具

登山時計にスント トラバースアルファ SUUNTO TRAVERSE ALPHA 【レビュー 基本機能編】

2016/11/19

登山用の時計にスント トラバースアルファ(ステルス)を買いました。
スント トラバースアルファ

時刻の表示はもちろん、登山時計に必要とされるABC機能(Altitude:高度計、Barometer:気圧計、Compass:方位計)を備え、内蔵GPSチップによる位置・高度情報を利用したアクティビティの記録とナビゲーション機能を搭載しています。
また、10気圧防水や最低動作温度-20℃、米国国防総省軍用規格(MIL-STD-810G)に準拠した耐環境性も併せ持つタフなアウトドアウォッチです。
特筆すべきは射撃の衝撃を検知して現在位置を記録する機能まで付いています。
マタギの方や、狩猟をされる方には是非お勧めの一品です。
一方でBluetooth通信によりスマートフォンと連携し、スマホの通知を音と振動で知らせてくれるスマートウォッチ的な街中向けの機能も備えています。

■外観

フェイスは普通の時計に比べて大きめです。バンドは撥水性の高いナイロン製です。大きさ比較のためiPhone6Sと並べてみます。
スント トラバースアルファ

時計本体の厚みは15mm。しかし75gと意外と軽いため、サイズのわりに異物感なく装着しつづけることができます。
スント トラバースアルファ

本体の右側に3つのボタンと左側に2つのボタンがあります。
スント トラバースアルファ

液晶表示は設定により白黒反転モードにしたり、バックライトも赤色と白色好きな方を選択することができます。
また、バックライトは簡易なライトとして使用することもできます。
スント トラバースアルファ
機能的にはGPSを利用しない基本モードと、GPSを利用してアクティビティを記録しながら位置情報に基づく様々な情報を提供してくれるスポーツモードに分かれています。

■基本モードについて

基本モードには7つの機能があります。

1.時刻機能
月日と曜日と時刻が基本表示で、高度気圧傾向歩数バッテリー残量
日の出/日の入り時刻を表示することができます。
スント トラバースアルファ

2.高度計/気圧機能
気圧が基本表示で、気温日の出/日の入り時刻高度24時間の気圧変化グラフを表示することができます。
スント トラバースアルファ

3.コンパス機能
北がどちらか示すおなじみの機能です。
傾斜補正機能のついた3Dコンパスなので本体を傾けた状態でも正確に北を示してくれます。
スント トラバースアルファ

4.ステップ機能
歩数計です。今日の歩数と消費カロリーの目安過去7日間の平均歩数過去30日間の平均歩数1年間の平均歩数を表示することができます。
スント トラバースアルファ

5.ストップウォッチ機能
スント トラバースアルファ

6.カウントダウンタイマー機能
山での料理の時に活躍してくれます。
スント トラバースアルファ

7.月相機能
最後にGPSを受信した位置を現在地として、今日の月の満ち欠け月の出/月の入り時刻任意の日の月の満ち欠け月の入り/月の出時刻を確認することができます。
釣りや狩りでの利用を想定した機能のようですが、登山ではナイトハイクや天体観測で活躍してくれそうです。
スント トラバース

時計右中のボタンで機能を順送りに切り替え、 左下ボタンを押して各機能の中の表示を切り替えて必要な情報を確認する仕組みです。2~7の各機能は設定画面で各機能ごとに表示のON-OFFができます。

たくさんの機能を表示しすぎると目的の情報にたどり着くまで、
何度も右中ボタンを押して切り替えなければなりません。
山で行動しながら情報を確認する場合、表示する機能を絞り込んだほうが使い勝手がいいと感じました。

今は、1.時刻2.気圧計3.コンパスを表示しています。

アクティビティモードはまた後日

-SUUNTO TRAVERSE ALPHA, 登山道具